作成者別アーカイブ: admin

ネイルスクールでの勉強内容とそれに掛かる材料費は?

ネイリストになるためにはネイルスクールに通って勉強する必要があります。ですが、どこのネイルスクールに通ったらいいのか分からないという人もいると思います。また、スクールに通うということは必ず材料費などが掛かり、費用面でも不安を抱えている人はいると思います。そこで、どういったスクールに通うのが一番いいのか。そして費用はどのくらい掛かるのかご説明します。まずネイリストになるためには試験に合格しないといけないのですが、それがJNA認定資格ネイリスト技能検定試験です。受験者は毎年多くなっています。ネイリストの階級は3級、2級、1級の3つになります。3級はJNAが認定しているスクールでの義務教育を終えている人であれば、誰でも受験が可能です。2級は3級を取得している人のみです。1級は2級を取得している人のみです。試験内容は実技試験と筆記試験の2つとなっており試験結果で筆記のみ合格という人は次の回の試験で同級を受験する場合に限り筆記試験は免除されるシステムとなっています。ただし、その際は申込書に筆記試験で合格した受験番号を記入することを忘れないでください。試験の受験料は3級が6,000円で2級が8,000円で1級が10,000円となっています。

ネイルスクールの勉強内容は、ネイルの歴史や皮膚・爪の構造や爪の病気、爪の役割などといった基礎知識を学びます。他にはマニュキュアリング、リペア、イクステンション、学んだ知識や技術を作品にする、撮影などといった事を学びます。次にネイルスクールを選ぶときのポイントですが、まず様々なスクールを1日体験することです。そしてその1日体験で教室内は清潔か、自習室などの設備は整っているか、スタッフや講師の対応はどうかなどを注意して見てください。また分からないことがあれば遠慮なく質問をして適切な回答が返ってくるのかどうかということも確認しておきましょう。次に授業のシステムです。スクールによって異なりますが講師が授業の単元ごとに変わるところと担任制のように卒業まで同じクラスのメンバーや先生というところ、生徒が講師を選択できる指名制というようにスクールによって様々です。一番良いのが担任制でこちらだとずっと先生が同じですので親密になっていき授業のリズムをつかめたり単元ごとに先生が変わるシステムの傾向によくある授業内容の重複がありません。スクールには他に全日制、夜間・土日コース、フリータイム制、通信講座とあります。おすすめなのが全日制でこれは通常の学校と同じで毎日スクールに通い決められた時間割で授業を受ける形です。最後に材料費ですが、これもスクールによって様々ですが5万円から10万円のところがおすすめです。

ネイルスクールと格安になることとメリット

ネイルスクールを経営する側が新しい学生を獲得するときに、色々なキャンペーンを考えたりすることができます。学費や入学金の値下げであったり、友人を紹介することによる特典といったことです。その他にも検討できる手段としては、旅行会社と提携を行って学生に対して旅行商品を提供することです。
内容としては、通常ならば高い値段の旅行商品を格安で利用できるという特典を在学中に与えるのです。これによって、学生は高い料金の旅行商品が格安になるということになり、経済的にプラスということになってきます。そして、ネイルスクールを経営する側としては学生を集める手段として利用することができるというメリットが存在します。旅行会社としては、提携をすることによって利用者を確保できるということを期待できます。つまり、三者それぞれにメリットが生まれることになるということが言えます。
ゆえに、ネイルスクールを経営する側は旅行会社と提携をして学生を集めるということを検討できます。なお、利用するときの条件などを旅行会社と話し合って決めていくということも必要になってきます。さらに、学生に対してどのような条件を満たせば使えるのかを教えるということが必要不可欠です。

ネイルスクールを経営する側が旅行会社と協力をして、高額の旅行商品を格安で利用できるようにすることには次のようにします。学生が旅行商品を申し込むときに、証明書を提示して身分を証明していきます。そして、旅行会社は申し込みにおいて通常よりも安い料金で利用することができるようにしていきます。このとき、旅行会社は旅行代金において一括払いや分割払いを揃えておくということを検討できます。また、支払いの手段としても窓口払いやコンビニ払いそして銀行振込に加えてクレジットカード決済など多種多様にします。決済の手法を色々揃えておくことによって、多用な支払いに対処できて売上を得るときにメリットになります。
こうして、学生が在学していることを証明することで旅行商品が安くなるようにしていきます。そのため、利用の際には証明書を持参するといった記述を記載しておくということが重要になってきます。
ネイルスクールを経営する側は提携によることによって学生数が増加したときにはそれだけ授業料が入ることになります。さらに、入学金も入ってくることになるため、スクールの側としても利点となってきます。学生に対して、旅行商品の利用において条件を満たすことを告知することが不可欠です。

ネイルスクールの費用はどのくらい?月謝制のところは?

ネイルスクールを受講するとなると、様々な支払いが発生します。まずは費用面を考えておきましょう。
ひとつは授業料・講習費用などで、これは毎月支払う月謝制もあれば一括で支払う場合もあります。月謝制の場合は12000円程となっています。一括で支払う場合は11万円ほどとなり、比較的負担も大きく感じるかもしれません。ちなみにこれは初心者向け・初級コースの場合ですから、例えば検定を取得してネイリストになるコース、より上級の資格を狙うコースなどはさらに専門性が高くなり、ネイルスクールの費用もかさむ傾向があります。また、サロンワークを学習したり、より実践的なスクールに通う場合も高額になるでしょう。
次に教材費です。体験コースなどの場合は無料ですが、初級コースでも続けて行うとなると入会時に30000円から50000円ほどの支出を覚悟する必要があるでしょう。また、ジェルネイルやそれ以外の様々な少し特別なネイルを使う場合なども費用はかかります。
最後に、それ以外の出費が発生する場合もあります。カルチャースクールの場合は会場に支払う管理費や会員登録費などがかかり、ネイルスクールによっては様々な負担がある場合もあるかもしれません。

ちなみに、支払いの時は様々な方法があります。
ひとつは一括で支払う場合で、これはネイルスクールに行きたいコースの代金をすべて支払うという場合です。これは代金をそのまま現金で支払うというタイプになり、クレジットカードなどでも支払うことができます。クレジットカードならあとから分割払いにすることもできるでしょう。
もうひとつは分割払いで、これはクレジットカードの分割もそうですが、ローンと提携しているネイルサロンの場合は費用を毎月分割して支払うこともできます。ローンに関しては、銀行の教育ローンなどからお金を借りられるローンなどもあるので、検討してみるといでしょう。
ちなみにネイルスクールの中でも月謝制の場合は、毎月現金やクレジットカードで支払うことが多く、特に現金での支払いが多いようです。特に月謝制の場合は毎月の支払が発生しますから、手数料などがかかりにくい方法が良いでしょう。振込の場合は振込手数料がかからないことをよく考えるべきです。
とはいえ、大体の場合は現金が最も確実で融通がききます。支払い時には必ず領収書をもらうようにし、しっかり管理しておくとネイルスクール側とのトラブルも防げるかもしれませんね。

ネイルスクールは就職率が大事?併設サロンとは?

ネイルスクールの中には、併設サロンを持っているところもあります。これはスクール生が実際に接客をしてみるためというサロンもありますが、大体の場合はお客様のために存在しています。すでに働いている人も多く、様々な形で働いているネイリストを間近で見ることができるため、とてもやりがいが出てくるスクールも少なくないでしょう。
そんなネイルスクールの嬉しいポイントのひとつは、併設サロンへの就職でしょう。実はそのようなサロンの中には就職率が高いところも多く、そのうち何割かは併設サロンへの就職ということもあります。特に大規模に全国的に行っているようなネイルサロンの場合はある程度ネイリストが必要になるので、そのような併設サロンへの就職ができることも売りになっています。
とはいえ、このようなところが就職率が高いというばかりではなく、大体の場合はサロンの雰囲気とマッチしていたり、スキルが優秀だったり、サロンワークが上手な人が選ばれることが多いでしょう。また、希望者を募ってやる場合は面接が普通に行われ、その結果として様々なサロンで働ける可能性もあります。ただ、それぞれの年齢やサロンの選考基準などはそれぞれのサロンごとに違いが大きいでしょう。

このため、将来的にネイリストになりたい、ネイルの道に進みたいということであれば、もちろんそのようなネイルスクールに通うのも悪い選択肢ではありません。可能性の一つとなりますから、ぜひ検討してみる余地はあるでしょう。
ただし、そのような併設サロンへの就職をするのなら、自分がネイルスクールで学習したことを活かせるかどうかを必ず確認してから入学するようにしましょう。併設サロンがあったとしても、入学してからどのくらいのスキルがあれば就職の可能性があるか、あるいは自分が入学したらどのくらいの確率で入れるか、ということを考えなくてはなりません。
また、ネイルスクールの中には就職に強いところもあり、併設サロンこそないものの就職対策がしっかり出来ており就職率が高いところもあります。行けるのならこちらにも行っておいたほうがいいでしょう。特に就職対策プランだけしっかり教えてくれるところもありますから、技術力は一般的なネイルスクールで行い、就職対策だけは就職率の高いサロンでスポット的に受けるのも方法でしょう。
ただ、全体的に就職に長けているサロンはどこも併設サロンを持っているか、系列のサロンへの就職も視野にいれることができるようです。