ネイルスクールの卒業試験と卒業生の就職状況

ネイルスクールは、多くの女性が通いたいと憧れますが、卒業は出来るのか、就職状況はどうなっているのか、気になることがたくさんあると思います。
まず、卒業に関してですが、ネイルスクールにもよりますが卒業試験を課しているスクールがほとんどです。卒業試験には実技試験と筆記試験があり、実技試験は一定の時間制限が設定され、指定された条件内でネイルを完成させる、といった試験形式にしているところが多いそうです。また、所属しているコースによって試験形式にも違いがありセルフネイルを完成させて終わるコースもあれば、プロネイルコースなどの所属生はモデルさんに実際にネイルをしなければならなかったりもするようです。実技に関しては、時間制限が厳しくて焦って仕上げてしまう方などが多いようですので、普段から想定して練習しておく必要がありますね。筆記試験に関しては、ネイルスクールで学んだ基礎知識を問われるので、しっかり勉強しておかないといけませんね。
また、試験がない代わりに卒業制作を課すスクールも多いそうです。その他、プレゼンテーションをさせたりと、試験の他にも様々なものがあるようなので、自分が行きたい、またはいっているスクールがどのような形式をとっているかをしっかり調べておきましょう。

では、卒業試験を通過して無事卒業が決まっても、その先の就職はどうなっているのでしょうか。
ネイルスクールの卒業生の進路の大多数を占めているのは、やはりネイルサロンへの就職です。ネイルサロンで働く生徒が多い理由には、学んだ技術が直接得られること、安定した収入が得られること、また、働きながら同時にスキルアップが出来ることなどがあります。ネイルスクールで勉強したのだから、今更スキルアップということはないだろうと考えるかもしれませんが、お客様への接し方やトラブル時の対処の仕方など、ネイルスクールでは教えきれないスキルを身につけられるのがネイルサロンで働くことのメリットなのです。
安定した収入、という利点を挙げましたが、賃金自体は最初は高いとは言い切れません。契約社員などの形からスタートする人がほとんどだからです。しかし、経験数やスキルに応じて賃金アップを望むことが出来るのがこの働き方が人気である理由です。
しかし、ネイルサロンと一言で言ってもその形態はさまざまです。メインとしているネイルの種類もサロンによって実に多様ですし、個人経営か大手なのかで働き方も大きく異なってきます。ネイルスクールから提携サロンを紹介してもらうことも可能なので、それらを活用して、自分に合った働き方が出来るようにしましょう。

ネイルスクールならサンミーゴに通おう!(大阪・神戸)